Protostella coaching​

苫米地式コーチングってどんなコーチング ?

苫米地式コーチング認定コーチの水緒真の写真
水緒(mago)真
苫米地式コーチング認定コーチ

Protostella coaching プロコーチ
  • 苫米地式コーチング認定コーチの水緒真のTwitterへ

苫米地式コーチングは
コーチング・自己啓発の源流で本流、
​しかも最先端でいまだに進化を続けるコーチングのど真ん中。

世界で最初にコーチングを始めた伝説のコーチ、
ルー・タイスの流れを汲むコーチング。

ルー・タイス(Lou・Tice)
心理学者。米国自己啓発界、能力開発の世界的権威。コーチングの創始者


1936年アメリカ・ワシントン州生まれ。
シアトル大学卒業後、ワシントン大学で教育学精神衛生科学の修士号を取得。
​シアトルの高校教師を経て、ダイアン夫人と共の人間が成功するための心の仕組みを研究する。教育プログラムⅡEを開発後、71年にTPI(The Pacific Institute)を設立。(現在は米国ワシントン州シアトル市に本部を置き、世界56カ国で毎年200万人を超える人々がそのプログラムを受講している国際的な教育機関)。 フォーチュン500社の約62%にのぼる企業にTPIプログラムが導入され、米国では
NASA、国防総省(陸軍、海軍、空軍、海兵隊)をはじめとした連邦政府諸機関や各州政府、全米の警察、刑務所、小学校や中学校、さらには主な大学等にTPIの教育プログラムが公式に採用され、多くの方々の能力開発自己啓発に貢献するなど世界の第一線で活躍中*。
また、米国認知科学の最新の成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」を打ち出し、中国・アメリカのオリンピック委員会が導入を図るなど世界中に提供されている。 (以上、ルー・タイス著「アファメーション」の著者プロフィールより引用。*2012年4月、77歳で逝去)

現在の「コーチング」「自己啓発」などと呼ばれるもののほとんどがルー・タイスのコーチングメソッドの流れを汲んでいます。

ルー・タイスの能力開発プログラムは
脳科学と心理学の世界的権威たちにより研ぎ澄まされてきました

​主な監修者

  • アルバー・バンドゥューラ博士(スタンフォード大学心理学教授・米国心理学会の最高権威)

  • レオン・フェスティンガー(米国心理学者)

  • マーティン・セリグマン博士(ペンシルヴァニア大学心理学教授)

  • ワイルダー・ベンフィールド(モントリオール神経学研究所創立者)

  • ディビット・マツモト(サンフランシスコ州立大学心理学部教授)

  • ゲーリーラザム博士(トロント大学心理学教授)

  • ウォーレン・ベニス博士(南カルフォルニア大学マーシャル・スクール・オブ・ビジネス経営学教授)

  • ビクター・フランクル(オーストリアの精神科医、心理学者)

  • ゲーリー・レイサム(カナダ心理学会元会長)

  • ​リチャード・グレゴリー(ブリストル大学神経心理学名誉教授、視知覚心理学者) 他

日食

ルー・タイスは新たな能力開発プログラムの開発総責任者にを苫米地英人博士に依頼した。

苫米地英人

認知科学者(計算言語学・認知心理学・機能脳科学・離散数理科学・分析哲学)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)
 

1959年、東京生まれ。認知科学者(計算言語学・認知心理学・機能脳科学・離散数理科学・分析哲学)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同Cylab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIインターナショナル日本代表、財団法人日本催眠術協会代表理事。

マサチューセッツ大学を経て上智大学外国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学、人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ。同認知科学研究所、同人工知能研究所を経て、コンピュータ科学の分野で世界最高峰と呼ばれるカーネギーメロン大学大学院哲学科計算言語学研究科に転入。全米で4人目、日本人として初の計算言語学の博士号を取得。
帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、同ピッツバーグ研究所取締役、通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。

 以上苫米地英人公式サイトより引用(2021年10月10日現在)

ルー・タイスと苫米地英人博士により完成された能力開発プログラム

TPIE(次世代自己変革プログラム)

 

 2007年末 ルー・タイスが設立した教育機関TPI(The Pacific Institute)の次世代自己変革プログラムTPIEの開発苫米地英人博士が総責任者として携わる。

PX2(TPIEの若年層バージョン)

そしてその次は?

苫米地式コーチング
ルー・タイスと苫米地博士のコーチングメソッド

ルー・タイスの自己啓発プログラムのノウハウと苫米地博士の脳機能科学の研究による成果を結びつけたコーチングメソッド

 コーチングのクライアント自らがゴールの設定を見つけ出すものにしなければならない。脳機能科学の「抽象思考のノウハウ」「脳と心を書き換える技術」などを反映させプログラムの開発を継続的に進行。
 ルー・タイスの自己啓発プログラムのノウハウと苫米地最先端英人の脳機能科学の研究にによる成果を結びつけたコーチングメソッドの開発に成功。

そして本物のコーチング:苫米地式コーチングへ
​(さらなる進化を続けています)

苫米地式コーチングを受けようか迷っていた頃の自分へ