検索

趣味は写真撮影

 今はミラーレスカメラが主流になった。弱点とされてきたファインダーに映像が再生されるまでのタイムラグ!!や、暗いとか解像度が低いなどの問題もこだわるプロカメラマンでもなければなんの問題もないレベルに進化した*。

*ミラーレスカメラではファインダーは液晶画面の映像(EVF:Electronic View Finder)が映される。


 ミラーレスの特長の一つが顔認証、瞳認証オートフォーカス(AF)。人の顔、瞳をカメラが見つけ勝手にピントを合わせてくれる。適当にシャッターを切っても瞳にバッチリピントの合った写真が撮れる。人物の撮影では他は全てが完璧でも瞳にピントが合っていなければボツになる。それほどの重要な要素をカメラ任せにできるありがたさは容易に想像できると思う。


 そんなありがたい顔認証AFもこの昨今のみんながマスクをしている状況では効果を発揮しにくい。そういうアルゴリズムになっているらしい。私のカメラの顔認証AFは顔と一緒にボリュームのある胸にもピントが合うことがある。よくわからないがどうやらそういうアルゴリズムになっているらしい。(続く)

閲覧数:3回

関連記事

すべて表示