top of page

自分で選んで引っ張っているこの紐は、自分の欲しいものにつながっているのだろうか?という気持ちをコーチングその4

更新日:2023年12月3日


こんばんわ水緒 真です。

プロトステラコーチングと言うコーチング・ランチでコーチをしています。

横浜/元町・中華街で活動中。

苫米地式コーチング認定コーチです。

ボランティアでまちの先生をしたりしています。

https://www.protostellacoaching.com/


あなたが多分知らない、知っても何にもならないかもしれない

「リアルタイム配信プラットフォーム」のお話を延々書いています。


人気配信者は運営に推されます。

優先的に扱われます。

目立つところに「今盛り上がってますよ。おすすめです」という感じで掲載されます。


ますますリアルタイムの視聴者が増え、コメントが増え、

さらに目立つところに紹介され、コメントが増え、固定ファンもさらに増えます。


これは配信者の好循環。

コメントが増えてくると、配信者は大変です。

もちろん単純に対応する数が増えるということもあります。


それと、全てのコメントがその時の話題の流れに乗ったものではありません。

一人一人からそれぞれの話題がパラレルにやってきます。

チェス名人が一人で何人とも同時に対戦する、あれとよく似ています。

各人とそれぞれの話題の流れに乗ってコメントのやり取りをこなさなければいけません。


一人とは夕飯の話題が続き、

一人とは映画の話をし

数名とは一緒にアイドルの話をし。。。


そうだ、

まさに人気の寿司店のごとしです。

方々から来る注文を把握し、寿司を握り、常連さんとも会話するって言う感じがそっくりです。


しかもリアルタイムとはいえ、配信者と視聴者には結構な、数分程度のタイムラグがあります。

視聴者から数分遅れで、すでに終わったつもりの前の話についてのコメントが来ます。

そのコメントは詳細がないので今の話についてのコメントなのか、前の話についてのコメントなのか、

はたまたその一人だけの人の個別のお話のことなのかわかりません。


人気配信者はそれらをパラレルに、時間を飛び越え、コメントの意味合いを補完しながらコメントを返していきます。


視聴者からのコメントは誤字も多いしそう言うところの推理力も必要です。


もうみなさんの頭に浮かんでいる通り”聖徳太子も真っ青”です。

少なくとも聖徳太子の時はタイムラグはなかったんじゃないでしょうか?

そう言う意味では聖徳太子よりもすぎれていると思います。



このように配信者は人気が出るほど、視聴者から一気にたくさんのコメントが来ます。

一つのコメントに要する時間を少なくしていかないとパンクしてしまいます。


そのため、最初の頃の視聴者が少なかった(過疎っていた)頃からの

いわゆる古参組はあまり面白くありません。


コメントでいわゆるマウント?

古くからいる

みんなが知らないようなことを良く知っている

少し意地悪だったり、軽く雑な扱いをしたり

関係性の深さをアピールするコメントが多くなったりします。


人気配信者、超人気配信者はそこのあたりの扱いが上手いです。

見習いたいです。


マニュアルとかもあるのでしょうが、やっぱりそう言う人間同士のキビを

上手く扱える資質、コメントだけの文字だけからも推察して相手の思いを想像して

ケアする能力の高さ、学ぶべきことは多いです。


文字だけの情報から相手のメッセージ、隠れた思いまで読み取るって思えばすごいですよね。


さてそんな状況にもやがて変化が訪れます。

人気が出てくると、配信者と視聴者の立場は逆転します。 (続く)

Comments


bottom of page