検索

置き場所、居場所を変えてみる価値 5/5 

  コーチングの置き場所、居場所を変える。


 人生ゲームのコーチング版を開発するとか?

 作詞家になってコーチング用語を用いた歌詞を書く。

作家は自分で始めました。群像新人文学賞、直木賞を目指します。


 バーテンダーさんになってコーチング用語を名前にしたカクテルを作るとか?カクテル「スコートマ」と「スコトーマ・ロワイヤル」は設計しました。


 もう神父様、牧師様、海外の神主様、お坊様でコーチングのコーチの方はいるでしょ?(あ、BOSSはお坊さんだ)


 海外で暮らしている方で日本語でコーチングを受けたい人は多いのに供給不足ってことはないのかしら?ものすごく現地の言葉が堪能な方でも、コーチングは母国語でニュアンスとか表情とか仕草とか同じ環境で育ったコーチのコーチングの方がグッ来やすそう。


 いや置き場所、居場所を変える精神なら、あえて国籍も言葉も文化も習慣も考え方も違うクラウアントに対峙する方がいいんだろうよ。


 終わり





閲覧数:0回