検索

置き場所、居場所を変えてみる価値 4/5

更新日:5月19日

もう少し小説について


例えば、


 親や学校の言うことを疑う事なく素直にきき、問題なく成長した真面目で成績も優秀な青年が就職を前にしてコーチングと出会う。コーチング

のコーチの豊かさに憧れ、コーチングのスクールに通いだしたのだが、そこで出会った人々との交流から自分の あり様、望む本当の幸せや豊かさ、本当にやりたいことについて考え出す青春群像劇。


 かつての「ふぞろいの林檎たち」や「愛という名のもとに」みたいなやつ。


これも良さそう。


 コーチングを落語にするとか?

 時事ネタをコーチングの視点から見たマクラに。


サゲは例えば


弟子「師匠、それはまたでっかいスコートマですねえ」

師匠「ばかな事を言うな。私ににスコトーマなどない」

弟子「スコトーマ。。。これは恋は盲目ってやつですよ」

師匠「ああ、なるほど。全ての人にコーチは必要だ」


(続く)

閲覧数:1回