top of page

コーチングのゴールとオーセンティック・コーチングとの違いを苫米地式コーチング認定コーチが説明します(続き)

目標、ゴール、夢と苫米地式コーチングの”ゴール”の違い10


こんにちは

プロ・コーチングのコーチみおです

横浜の元町・中華街でプロトステラコーチングを運営しています。


今回のブログは「無意識の扱い方となんのために無意識を使うのか?」についてです。

今までの流れを一旦やめて、スピンオフ的なお話をします


結論から言うと

「無意識を本当の自分の望むものセンサーとして扱い、最適解を探すために使うのは気をつけて」

と言うことです。


 この時期は多くの人が入学、入社、いや浪人、学校に残って研究、起業などなど

昨年度の自分の選択、決断の結果にいざ望まんという方も多いかと思います。


そんな選択や決断の際、自分だけで考える人、

家族や友人に、先輩、なにかしらの窓口に相談した方など様々でしょう。


 一つの手段としてコーチからコーチングを受けた方も多いと思います。

そこで自分の迷い、選択・決断できない悩みをコーチに打ち明けるのではないでしょうか?

曰く、自分が本当にしたいことはなにか、自分を活かせる場所はどこか、適正等々がわからない…


 ここでコーチは「これまでの成功体験、楽しかったことを思い出してみましょう」

「受け身ではなく、理想の姿を描いてそこから考えてみましょう」などと言うかもしれません。

そして「自分の現状の意識にとらわれず、無意識、潜在意識に任せてみましょう。自然と心躍ってしまうこと、それがあなたの選択すべきことです」と言うのかもです。


とっかかりはそれでもいいかもしれません。

「やりたいことだけを思いっきりやる」最高です。


ただオーセンティック・コーチングとしては、そこに注意すべき点があると思います。

過去に重心を置きすぎです。


「これまでの〜」と言うのは考え出す最初の最初ならいいのかもしれません。

ですがそれ(過去の成功体験)に囚われすぎて自分の可能性を制限してしまうのは避けたいです。

これはよく聞きますし、わかりやすいですよね。


もうひとつ、これが厄介なんですが

無意識、潜在意識に任せてみよう、勝手に自然とやってしまうことを選びましょうと言う方法です。

間違ってはいません。

なんですがその無意識、潜在意識がなにからできているのかが注意すべき点です。

無意識、潜在意識もこれまでの体験、教育、躾け、世間の目、常識からできています。

過去からできています。

そしてそれにはなかなか気づけません。


過去からできた現状の無意識、それに未来に向けての選択を任せるだけで大丈夫でしょうか?


…まずそこからスタートする、とっかかりのためになら良いのかも、

選択・決断の後押しが欲しい人には…それはそれで有効、

現状の最適解らしいものの選択なら十分かのしれません。


オーセンティック・コーチングはそれでは満足できません。

なぜか?

それはオーセンティック・コーチングは最適解を求めるためではなく、

あなたを進化、革命のような変化をもたらすためにあるからです。


そのためには完全な未来志向になってもらう必要があります。

未来のあなたには過去は一切関係ありません。

未来志向になるために、まずはあなたの無意識、潜在意識を全てリセットします。

過去のデータでは進化した自分の未来の姿は描けません。

邪魔になるだけです

(今の延長なら描けます。それでいいのなら、それはそれでありです)


無意識・戦時意識の全てをリセットする。

完全な未来志向になる。

難しそうですよね?


でも方法があります。

(やっぱり)現状の外にゴールを設定することなんです。

全てはここから始まります。


詳細はこちらでお話しさせてください

プロトステラコーチングの「コーチング説明会」を行います

↓詳細はこちらから↓




 一対一でコーチに直接コーチングについて説明を聞いたり相談したり出来ます

コーチングに関する体験もできます。

さらにオプションで本格中国茶の体験もできますのでぜひご検討ください。






   


Comentarios


bottom of page