top of page

「コーチング」で成果を出すための 
根本的な解決方法です。

結論は
日本で流行っているコーチングではなく

世界標準のオーセンティックなコーチングを選ぶことです。

 ここからはかなりこのサイト作成者の考えとプロモーションが展開されます。

すいません。

 でも最初のテーマに沿った内容です。お付き合いください。
​よろしくお願いします。

さて、ここで質問です。

 おすすめのコーチングを検索するとコーチングのスクールがたくさん出てくるのはなぜでしょう?

 例えば「横浜 グルメ」で検索したらお料理教室がずらっと出てくるようなものです。 

​ そういう需要が多いからそれに応えたと言う側面もあるとは思います。

でもそれって変だと思いません?

日本で流行っている主なコーチングではコーチングスクールに行ってコーチングのスキルを学ぶ、資格を取ることが主流です

ここでもう一度、社内で取り組んだコーチング」がどんなものだったのかを振り返ってみましょう。

一般的な「コーチング」(コーポレート)のパターン

 

 企業研修やカルチャーセンターなどで習う「コーチング」の要旨、流れは以下のようになります。

ステップ1 まずは個々のコミュニケーションのスキルアップ   

  自分の感じ方、考え方、伝え方のくせを知る。

  自分の伝えたことと相手への伝わり方のずれを理解する。

  感じ方、伝え方を改善する。

 

<結果>

各個人が正確に理解する力と思うように伝える力がアップする。

これにより自然と自信がつきやる気が出てくる。

周囲から信頼される存在になり自ずと実績に反映される。

ステップ2 上司・部下、チーム内のコミュニケーションを改善する

コーチングの基本を学び実践する(傾聴、承認、質問…)

<結果>

自主的、能動的な人材が育成される。

風通しの良い活気のある職場風土が醸成される。

状況の共通認識が生まれる。課題、アイディアや理想の姿が描かれだす。

ステップ3 最適な目標の設定 理想の自分、チームを目指す

 

理想の自分、チームの姿を考える。その姿と現在との差を認識する。

理想の姿と現状の差を認識し具体的な無理のないタスクに落としこむ。

タスクに具体的な目標を設定し何をいつまでにやるのかをスケジュールにする。

​<結果>

個人・チームの能力UPから業績がアップする。

強く成長し続ける会社に。

…だいたいこんな感じ。

 <主目的>

  プロのコーチからガッチリコーチングを受けるのではなく、コーチンングのスキルを学び社内の”コーチング役”を生み出すこと。

 <主な実施内容>

  ①コミュニケーションの改善

  ②適切な目標の設定

 

 

 <研修スケジュール>

  短ければ講義だけで半日〜1日

  長い物ならば講義&実習で2日〜3日程度+1回/月程度のフォロー研修

と言ったところではないでしょうか?

「コミュニケーションの改善」と「適切な目標設定」だけではコーチングとは言えません。

 

全然足りないんです。

 だって少し当たり前すぎませんか?

コミュニケーションの改善と適切な目標の設定。

人の話を丁寧に効き対応する、しっかり目的、目標を持って日々を過ごすことですよね。

 もちろんコミュニケーションの改善も目的、目標を設定することは大事です。基本中の基本、とても重要です。疎かにしてはいけません。ですがせっかくコーチングを社内に取り入れようとしたら「これがコーチングです、この二つをお教えします」と言われれればちょっと待ってくれ、大事だとは思うがもうう少し他にはないの?と言いたくなりませんか。

 例えるなら野球。野球を習いに行ったらキャッチボールとバッティングだけを教えられたようなものです。キャッチボールはもちろんとても大事な、全てに通じる基礎中の基礎ではあります。まさにキャッチボールに始まり、キャッチボールに終わる。でも「これが野球です。野球の全てです」と言われたならどうです?

 

 ゴルフを習いに行ったらクラブ選びを習ってからスィングを何回かしただけで「これがゴルフです。以上です」と言われたような感じです。ゴルフならやっぱりコースに出てプレイしてこそだと思いませんか?

 これだけで「ゴルフってクラブがボールに当たると楽しいね」、「なんかクラブ振ってるだけでつまらないな」って言われるとプロコーチとして歯痒いです。

 

​違うんですよ。そもそも根本から違います。

 世のほとんどの“コーチング”はコーチングの中のほんの一部分、やることや成果がイメージしやすい部分だけを扱っています。  野球で例えるとキャッチボールだけを教わるようなもの。野球の素晴らしさってそれだけではないですよね?  コーチングも同じ。もっとすごいんです。

日本で流行っているのは(どちらかと言うと)コンサルタントからビジネススキルを習うことに近いです。

でもそれでは…

世界標準のオーセンティックなコーチングを受けたとはいえません。

bottom of page